お祝いに花を贈る

会社設立のお祝いに花を贈る


会社設立のお祝いで贈り物を贈る場合は、お花や観葉植物、酒類を贈るのが一般的とされています。もちろんお祝い金を贈ることも出来ます。一般的な相場は平均して個人の場合は1万円前後、グループで送る場合は一人あたりが3000円前後で大体2万円~3万円くらいとされています。

お花をお祝いとして贈るとき、会社設立記念の式典や催しがある場合はその前日までに届くように贈ります。催しがない場合は設立日の一週間前から当日の期間にかけて贈るようにします。ビジネスシーンでフラワーギフトを贈る場合は木札をつけるのが一般的です。木札には贈り主が誰であるかが分かりやすくするために、お祝いの言葉と贈り主を合わせて記載します。

お祝い事には縁起をかついだり、語呂合わせにすることが好まれます。お花の贈り物も鉢植えを贈ることで、その業界や地域に根付くと言う意味合いが込められます。贈り物にされる植物の中でも胡蝶蘭は花言葉で幸福が飛んでくるとされ、商売繁盛や事業の発展へとつながり、会社設立としてのスタートや節目を迎える際の贈り物として最適です。

胡蝶蘭は他のフラワーギフトでは出すことの出来ないボリュームが出せることが魅力ですが、多くの人の間で会社設立の記念に贈る贈り物として定着していることから、他と重複することも少なくありません。そこで個性を引き出すために胡蝶蘭並みのボリュームが出せるフラワーアレンジメントで贈り物を用意するのも良いでしょう。

フラワーギフトであれば、そのカラーを決めることで印象がつきやすくなります。赤色であれば情熱的な印象があり、黄色は友情、白色ははじまりをあらわすカラーになります。女性の多い会社設立であればピンク色のフラワーギフトにすることで、心に印象が残りやすいものとなるでしょう。このようにカラーで贈り物にメッセージを込めることも出来ます。

贈るタイミングですが、会社設立を設立後しばらくしてから知った場合でも、営業が開始されて一か月以内であれば贈り物を贈ることは問題ありません。ショップの開店とは違い、会社設立や企業に関しては大々的に宣伝しないこともあり、親しい方であっても設立後に話を聞いたというケースはよくあります。

贈り物を発送する時、その会社の営業日以外の日に届くことのないようにします。会社であれば土日や祝日は休業日となっていることも多いです。設立日が前もって分かれば当日に届くように発送の手配が出来ます。前日に届くように発送すると、相手側が荷解きをして設立日当日に会社にお花を飾ることが出来ます。”

  • 会社設立を行う事で厚生年金などの加入義務が 会社設立と言うのは、世間から会社組織でもある法人格として認めて貰うための手続きであり、一般的には会社の基本事項をまとめ上げ、定款を作り上げ法務局での会社登記までの流れを会社設立 …

    厚生年金などの加入義務